毛魂の精毛魂の精

髪の成長を良くするに、髪のことをしっかり理解しておく必要があります。
髪のことを理解できれば、抜け毛や薄毛などの悩みの改善にも役立ちます。
私たちの髪にはヘアサイクルがありますが、まずはこのヘアサイクルの理解から始めてみましょう。

ヘアサイクルとは

私たちの頭にはたくさんの髪の毛が生えており、その数は約10万本!

ヘアサイクルについて

この髪の毛の数は、私たちが胎内にいる時から既に決まっており、それ以上の毛根を増やすことはできません。
それなのにどうして、髪の毛が抜けたり薄くなったりしてしまうのでしょうか?
それは、私たちのヘアサイクルに秘密があります。

ヘアサイクルとは、髪の毛が成長して抜けていく間の周期のこと

私たちの髪の毛は常に成長しており、古くなった髪の毛は抜けていきます。
そして抜けた後に、また新しい髪の毛が生えてきます。
このようなヘアサイクルによって、髪が生えたり抜けたりしているのです。

そして、ヘアサイクルには周期があり、大きく3つに分かれます。

ヘアサイクルの内容

ヘアサイクルは、「成長期」、「退行期」、「休止期」に分類できます。

・成長期の期間は2~6年です。
この期間に毛根が成長していき、新しい髪の毛が生えてきます。
2~6年程度かけて成長し続け、一般的に全体の髪の80~90%の毛が生えます。

・退行期の期間は2週間程です。
退行期に入ると毛根が次第に小さくなり、髪の成長活動が鈍くなります。
約2週間程度で毛根の作用が弱まり、髪の毛の成長が止まって休止期に入ります。

・休止期の期間は3~4ヶ月程度です。
休止期に入ると髪の毛の成長は止まり、毛根の活動が休止します。
3~4ヶ月の休止期が過ぎると、髪は再び成長期に入っていきます。
休止期に入った髪の毛はシャンプーや髪のマッサージ、また成長期で新しく生えた髪に押されたりして自然に抜け落ちます。

このように、私たちの髪は3つのヘアサイクルの周期を繰り返しています。
正常なヘアサイクルであれば問題ありませんが、ヘアサイクルが短くなると薄毛の原因になり、注意する必要があります。

抜け毛や薄毛の方は、正常な頭皮ヘアサイクルより成長期が短くなる傾向に。

髪を大切にしたいのであれば、ヘアサイクルの内容を理解して、自分の周期が正常に動いているのか、確認することが大切です。
正常なヘアサイクルの成長期は2~6年程度。
薄毛の人は、それよりも大幅に短くなっている可能性があります。

自分のヘアサイクルが正常かを判断する材料としては、抜け毛の長さ。
ひんぱんに、細い毛や短い毛が抜けていたら、いちどAGA専門院の診察を受けてみるといと思います。

自覚症状がない人も、定期的にヘアサイクルを診断を受けることで、将来に起きるハゲになるリスクを事前に防ぐことができるでしょう。

どのような病気でも同じですが、早期発見が早期改善につながります。

AGAは社会的に病気として認められてきていますので、外見を気にする男性も女性も、しっかりケアしていきましょう。