毛魂の精毛魂の精

最近抜け毛が増えてきた、以前と比べて髪が薄くなった、など髪の問題で悩んでいる人はいませんか?


パーマなどのしすぎと思っている人もいるようですが、実は亜鉛不足が原因の場合もあります。
抜け毛が多い人は、一度亜鉛について調べてみましょう!

髪の構成成分

抜け毛を防止するには、髪の毛の成分について理解しましょう。
私たちの髪の毛のおよそ9割以上はタンパク質で構成されており、そのタンパク質がケラチンです。

そして、このケラチンはアミノ酸の一種であるシスチンが中心となった、18種類のアミノ酸で構成されています。
こられアミノ酸の基礎になる成分が、メチオニンと呼ばれる必須アミノ酸になります。

アミノ酸はビタミンなどと同じく体内で生成できません。
ほかの方法で摂取する必要があります。
その方法としてはサプリメントや食事などがありますが、食事で摂取する場合は、メチオニンをたくさん含んだ食品を選択する必要があります。

メチオニンを多く含んだ食品としては、鰹節、シラス、筋子、マグロ赤身などの漁獲類、ナチュラルチーズなどの乳製品、豚ロースや鶏むね肉などの肉類、大豆、納豆、豆腐など豆類などがオススメです。
これらたんぱく質を多く含んだ食品を、日頃から意識的に摂取することが大切です。

亜鉛が必要な理由

毛魂の精毛魂の精

抜け毛を防ぐにはたんぱく質の摂取が大切ですが、どうして亜鉛が抜け毛や薄毛に効果があるのでしょうか?


亜鉛をとることで、抜け毛や薄毛に効果がある理由は、大きく2つに分けられます。

最初の理由は、亜鉛が髪の毛の90%を占めているケラチン合成の役割をになっているからです。
体内の亜鉛が不足すると、髪の毛の生成に大きな影響を与えて、新しい髪の毛が生えてこなくなります。

2つ目の理由は、5αリダクターゼ酵素の抑制です。
5αリダクターゼ酵素が増えると、抜け毛や薄毛の原因になります。

このように、亜鉛には抜け毛や薄毛を防止する役割があります。

そのため日頃から、たんぱく質と亜鉛を含んだ食品をとるように心がけるといいと思います。
亜鉛が含まれている食品としては、生カキ、豚レバー、煮干し、たたみいわしなどが知られています。

抜け毛や薄毛を防止するには、髪の構成成分をしっかり理解することが大切です。
抜け毛防止として亜鉛は効果がありますので、日頃から亜鉛を多く含んだ食品をとるといいでしょう。
亜鉛を含んだ食品をとると同時に、たんぱく質を含んだ食品をとることも忘れないようにしましょう。