毛魂の精毛魂の精

AGAクリニックの治療って、何歳から何歳まで受けられるの??

AGA、いわゆる男性型脱毛症で悩んでいる人は少なくありません。
抜け毛や薄毛は遺伝的要素も少なからずありますが、できるのであれば治療したいという人も多いと思います。ここで気になるのが年齢ですが、AGA治療は何歳から受けられるのでしょうか。

AGAは、成人男性であれば誰でも治療できる?

AGAクリニックのホームページでは、AGAの治療方法などを詳しく掲載しています。
また治療法と一緒に、対象年齢などが書かれているところがあります。
AGA治療は基本的に、20歳以上であれば誰でも受けることができます。

クリニックで行われているAGA治療薬では、プロペシアやミノキシジルなどを使用して治療を行います。

男性ホルモン抑制効果のあるプロペシア、また血管拡張効果を期待できるミノキシジル、それぞれ未成年者は使用できません。プロペシア、ミノキシジル、共に危険な医薬品ではありませんが、未成年者は制限されています。例えばプロペシアは男性ホルモンに対して作用しますので、20歳を超える成人男性しか服用できないのです。

しかし自毛植毛の場合は年齢制限がありませんで、何歳からでも治療を受けることができます。未成年者の中にも抜け毛や薄毛の悩みを抱えている人がいますので、植毛治療を受けるのも選択肢の一つかもしれません。

AGAは、高齢者でも治療できる?

AGA治療は成人男性であれば誰でも治療できますが、高齢者の方も発毛効果はあるのでしょうか。
プロペシアは成人男性のみが服用できますので、成人男性ならどなたでも発毛効果があるように思えます。

確かに成人男性であれば高齢者でも効果がありますが、若い方と同じような発毛効果は期待できません。AGA治療の効果は年齢の要素も大きいので、高齢者の方は効果に差が出ます。ある程度の効果は期待できますが、あまり過剰な期待を抱かない方がいいというのが実情です。

プロペシアの効果は、男性型脱毛症にだけ威力を発揮します。
そのため老人性脱毛症など、別の脱毛症が発症していると効果が薄まります。
高齢者の中には老人性脱毛症など、別の脱毛症が発症していることもありますので、プロペシアでは限界があります。

老人性脱毛症というのは60歳以降に生じやすいので、脱毛の原因が老人性のものであれば注意してください。老人性脱毛症は加齢が原因で起こり、細胞の活性が衰え、抜け毛が増加して薄毛の症状が出てきます。

性別に関係なく、年を取れば誰にでも出てくる可能性があります。
老人性脱毛症は老化現象ですので、AGAとは違い、完全に改善するのは難しいようです。

老人性脱毛症でも、市販の育毛剤、またクリニックから処方される薬などを使って丹念に治療することが大切ですが、効果に差が出ますので、抜け毛や薄毛が気になる方は、一度専門クリニックに相談してみるといいでしょう。

AGAで悩んでいる方の年齢層は様々です。年齢関係なくAGAクリニックでの治療に希望を感じている方もいると思いますが、AGA治療は、禿げてからの期間が長いほど、治療期間も長くなりますので、これから治療をする人は、最低でも半年間はAGA治療を続ける覚悟を持つようにしましょう。