ハゲで悩んでいる人も少なくありません。
改善するには、まずハゲになった原因を探ることが大切です。
ハゲになった原因が分かれば、後はその原因に合った方法を実践すれば改善できます。

ハゲの種類で代表的なものは「M字ハゲ」と「O字、いわゆる頭頂部ハゲ」です。
この2つはどちらが治りやすいのでしょうか?

M字ハゲについて

M字ハゲで悩んでいる人も少なくありませんが、M字ハゲは男性特有の薄毛として知られています。
皆さんの周りにも、M字ハゲで悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

毛魂の精毛魂の精

M字ハゲになる原因って?

まず血流です。
血流が悪いと、頭皮にも悪い影響を与えます。

頭皮には筋肉がありませんので、血流が悪くなることが多いのです。

そのため、何かしらの理由によって体内の血流が悪くなると、頭皮まで栄養分が行き渡らなくなります。
血液は心臓から送られますので、心臓から距離が遠ければ遠いほど血流が悪くなります。
例えば、手や足なども心臓から遠い距離にありますので、冷えの原因になります。
血流が悪くなるのはストレス、喫煙、運動不足など、日頃の生活習慣が大きく影響してきます。

そのほか、皮脂の過剰分泌も挙げられます。
皮脂が必要以上に分泌されると頭皮の毛穴が詰まりやすくなり、髪の成長に影響を与えます。
M字ハゲはAGA治療で良くなりますので、気になる方は試してみると良いでしょう。

O字ハゲについて

O字ハゲも大きな悩みの一つといえます。

毛魂の精毛魂の精

O字ハゲ、いわゆる頭頂部ハゲは次の原因が考えられる?

まずAGA「男性型脱毛症」であり、頭頂部ハゲや薄毛が気になる方はAGA症状である可能性が高いといえます。
AGAは、男性ホルモンでの「テストステロン」と「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素が結合することで発生する、「ジヒドロテストステロン」が原因といわれています。
そのため、この「ジヒドロテストステロン」を排除することが大切です。

次にストレスです。
頭頂部ハゲや薄毛は、ストレスも大きく関係しています。
人はストレスを感じると血管が収縮し、血液の流れが悪くなります。
その結果、頭皮に十分な栄養分が行き渡らなくなり薄毛を発症してしまいます。
O字ハゲについてもAGA治療で良くなりますので、一度試してみると良いでしょう。

M字ハゲとO字ハゲ、どちらも様々な原因があります。
そのため、それぞれの原因に合った治療を行う必要があるでしょう。
両方ともAGA治療で効果がありますが、ハゲの種類によって、具体的な治療方法は変わってきます。

自己流の育毛法で限界を感じている人は、専門クリニックに相談することをおススメします。