毛魂の精毛魂の精

AGAって、いつ頃からなるものなの?

ある日鏡を見て、抜け毛や薄毛に気が付く方も多いのではないでしょうか。
AGAは誰でも起こる可能性がありますので、十分に注意する必要があります。
症状はあらゆる年齢層で見らますが、年を重ねるごとに多くなるのが現状のようです。

年齢別に見たAGA発症率

AGAはあらゆる年齢層で見られますので、早めの段階から対処することが大切です。

年齢別に見た比率は次の通りです。
20~29代6%、
30~39代12%、
40~49代32%、
50~59代44%、
60~69代51%、
70~79代61%、

そして、男性全体の平均は32%です。

AGAは思春期を超えた20代から発症する可能性もありますので、若いからといって安心してはいけません。髪の毛がもともと薄い人、また最近抜け毛が増えた人は、早めにAGAクリニックなどで治療の相談に行きましょう。早い人であれば20歳を超えた頃から、髪の毛が少しずつ細く、短くなっているように感じていると思います。

薄毛の進行は、20代、30代まで緩やかな上昇ですが、40代当たりから急に増加してきます。
そして40代を超えると、年を重ねるにつれて発症率が増え続けていきます。

日本人全体的に見た発症率はおよそ30%ですが、欧米人の場合は50%を超えています。
要するに、日本人よりも欧米人の方が、髪の毛で悩んでいる人が多いことになります。

AGA発症率の調査結果を見て、自分はまだ若いので大丈夫だと思っている人もいるでしょう。
しかし絶対にハゲないというのは幻想であり、実際は20歳でもAGAを発症する可能性は十分にあることをしっかり認識しておくといいと思います。

AGAに若いうちになってしまったら?

AGA対策は早い段階からするのに越したことはありません。もし、20代で薄毛が気になる方は、年齢にかかわらず準備しておくといいでしょう。前述のデータのように、20代でAGAを発症する確率はとても少なくなっています。20代のAGAは、その多くは過度のストレス、また日頃の生活習慣などが大きな原因と言われています。ストレスや生活習慣の乱れが原因で皮膚疾患や内臓疾患などが起こり、それらが絡み合って脱毛の原因になることが多いようです。

また老年期には老人性脱毛症などが起こりますが、この老人性脱毛症は自然現象であるのに対して、青年期に発症する脱毛は異常現象と言えます。本来は脱毛する確率が低いのに、自分で原因を作ってしまう人が意外に多いのが特徴と言えます。若い年齢でAGAにかかったら、早急に専門医の診察を受けることはおすすめします。

また過度のストレスなど、精神面の問題がある方は、心療内科も相談先になると思います。

AGAは、40代以降に加速する

AGAの発症率を見てみますと、特に40代当たりからの数字が高くなっています。そして歳を重ねるほど、AGAは進行していきます。独自で何とかしようとしても、なかなかうまくいかないのが薄毛対策ですが、40歳を超えたら、自分の脱毛の具合に合わせて、市販の育毛剤や育毛サプリメントなど摂取することをおすすめします。

どうしても気になるのであれば、AGA専門クリニックに相談して、適切な治療方法を提示してもらうようにしましょう。

以上、年齢別にみたAGA対策でしたが、気になったら早めに専門医に相談にいく。
これがベストな選択なのは、どうやら間違いなさそうです。