抜け毛や薄毛の悩みをお持ちの方の中には、色々な方法を試している方もいるでしょう。
しかし、いくら試してもハゲが遺伝するものであれば意味がなくなります。

ハゲは遺伝するということを聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか?
ハゲと遺伝について知っておきましょう。

ハゲと遺伝について

毛魂の精毛魂の精

「ハゲは遺伝する」は、本当ですか?

両親は特にハゲていないのに、その子供は薄毛であることはよくあることです。

その真相を知るには、遺伝についての理解が必要です。

まず、母方の祖父が薄毛の家系の場合、その系統を受け継ぐ可能性が高いといわれています。

薄毛の隔世遺伝には明確な根拠はありませんが、ハゲについては母親側からの感受性遺伝が関係しているそうです。
それゆえ母方の祖父がハゲていれば、その子供もハゲる可能性が高いのです。

ハゲる原因として、男性ホルモンを強化する作用がある酵素遺伝、そして男性ホルモンに敏感である感受性遺伝があります。

このうち、男性ホルモンを強化する酵素を受け継いでいれば、必然的にその子供はハゲる可能性が高まります。
また感受性遺伝については母方から遺伝することが多いので、母方の祖父がハゲていれば薄毛になる可能性があります。

このようにハゲについては遺伝の問題もある程度考えられます。
AGAが気になる方は、自分の家系を確認しておきましょう。

具体的な数値として参考にあるデータがあります。
ハゲの遺伝は、両親が薄毛の場合、その子供が薄毛になる確率が70%、また父親だけが薄毛の場合は50%といわれています。

この数値は統計上からの推測値であり、両親が薄毛でも子供には遺伝しないこともありますが、ハゲは遺伝するといわれている理由は、ここからきているようです。

しかし、遺伝する可能性があるというだけで、全ての方が対象ではありません。
該当する人は、何を気を付けたらいいのでしょうか?

ハゲの遺伝を受け継いでいてもできることはある?

上記のように、ハゲは遺伝的な要素がありますが、ハゲの原因はそれだけではありません。

ハゲになる理由として見過ごせないのが、一人一人のライフスタイルが大きく関係しているということです。

日頃の食事、仕事などのストレス、頭皮ケアがおろそかな人ほど、ハゲになりやすい傾向にあります。

日常生活に乱れが出ると体調不良になりやすいように、髪の毛にも大きな影響が出てきます。

禿げの遺伝子を受け継いでいる人は、薄毛になりやすい生活習慣を見直していく必要がありますね。

「そうはいっても、仕事が忙しくてケアしている時間はない・・」

という人は、つるっハゲになる前に、専門クリニックで治療を受けるようにしましょう。